2010年01月14日

上越新幹線、停電で7本運休(産経新聞)

 13日午前11時15分ごろ、新潟県の上越新幹線浦佐-燕三条間の架線が停電し、走行中の新潟発東京行き「Maxとき322号」(12両編成、乗客約250人)が燕三条駅で停車した。午後1時5分に送電は復旧し、その18分後にMaxとき322号は運転を再開した。

 影響で東京-新潟間の「とき」が上下4本、東京-ガーラ湯沢間の「たにがわ」が上下3本、それぞれ運休。このほか新潟発東京行き「Maxとき326号」が38分遅れ、約6000人に影響した。

 JR東日本で停電の原因を調べている。

【関連記事】
列島大荒れ 関東、東北の新幹線など影響
新幹線のぞみ窓ガラスひび、広島駅で応急処置 1千人に影響
踏切で秋田新幹線にはねられ女性死亡 盛岡
ブラジルの高速鉄道、2月にも入札へ
JR東海、リニア新幹線5年前倒し開業 神奈川~山梨間 

さかえのブログ
不揃いな果実
競馬生活
まさゆきのブログ
しのぶのブログ
posted by まんまみーや at 23:29| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

福男選び 一番福は大阪体育大学陸上部員 兵庫・西宮神社(毎日新聞)

 商売繁盛の神「えべっさん」の総本社として知られる西宮神社(兵庫県西宮市)で10日早朝、参拝一番乗りを目指して本殿に走る神事「福男選び」があった。過去最多だった昨年並みの約6000人が参加し、「一番福」を目指した。

 十日えびすの伝統行事として、江戸時代ごろに生まれた神事。本殿に早く到着した順に1番から3番までを「福男」と認定する。近年は着順争いが過熱、05年からスタートの先頭集団を抽選で選んでいる。今年は、連休でさらに多くの参加者が見込まれたため、神社側は抽選の参加権を先着1500人に限定し、沈静化を図った。

 午前6時に表大門が開くと、参加者は一斉に230メートル先の本殿へ向かって猛ダッシュ。一番福は大阪体育大学3年の陸上部員、南英俊さん(22)=大阪府熊取町=が手にした。「一番福になりびっくり。部活でも全国大会に出られるように頑張りたい」と喜んでいた。【中里顕】

【関連ニュース】
十日えびす:混雑状況など携帯で情報更新 兵庫・西宮神社
十日えびす:奉納マグロに福願いさい銭--西宮神社 /兵庫
労働相談:兵庫自治労連、あすから--西宮 /兵庫
十日えびす:交通規制、あす~11日--西宮 /兵庫
チャリティーカレンダー市:災害救援バザー、9日から西宮で /兵庫

たつおのブログ
働き盛りの、漁師ブログ
無料ホームページ
ネイルサロン
クレジットカード現金化 還元率
posted by まんまみーや at 11:28| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。